会社設立から融資、経営計画、会計、経理まで、起業家、社長のお悩みを解決します!

サービス内容

確定申告のサポート、代行はお任せください!

お客様のメリットを考えた確定申告を行います!

確定申告とは

確定申告とは、1月1日~12月31日の間に所得があった人が所得税額を「申告納税」、または納め過ぎた所得税を「還付申告」する税務処理のことです。
基本的に翌年の2月16日~3月15日に行います。

所得は全部で10種類あります。

  • 利子所得
  • 配当所得
  • 不動産所得
  • 事業所得
  • 給与所得
  • 退職所得
  • 譲渡所得
  • 山林所得
  • 一時所得
  • 雑所得

これらの所得を、決められた手順で計算し、所得税額を算出して納税します。

確定申告をしない「無申告」には重大なペナルティが…

日本において「確定申告」は、納税者が自ら税務署に申告する制度のため、本人が申告を行わなければ税金を払わずに済みますが、これは「無申告」となります。

税務署は無申告者の摘発を行っており、税務署に指摘されると、「無申告加算税」というペナルティーが加算されます。また、期限経過後、支払期限から遡って加算される「延滞税」も追加されます。

無申告加算税は納付すべき税額の15~20%、延滞税は年利14.6%と、ローン会社と同等の高い利率となります。(ただし支払期限を過ぎて2ヶ月以内に申告した場合は約4.5%)

さらに、意図的に収入を隠した場合は「無申告加算税」の代わりに「重加算税」という税金が加算されます。この重加算税はさらに上乗せ額が多く、税額の最大35%が上乗せされます。

無申告で通して税金を払わずにいると、税務署に指摘されて受けるペナルティの方が大きな負担になります。前もって準備して納期通り申告するようにしましょう。

確定申告は面倒?

確定申告に備えて常日頃から記帳や領収書の整理などをしておけば、それほど大変ではありません。しかし実際には、皆さん本業の方がお忙しく、毎月きちんと領収書や請求書を整理し、会計ソフトに入力している、という状態の方はなかなかいらっしゃいません。

確定申告の期限は原則として3月15日ですが、所得税はあくまで1月1日から12月31日までの1年間の所得から計算されるため、1月以降になってできる税金対策はほとんどありません。節税しようと思ったら最低でも12月までに「自分の年間所得がいくらか」を把握し、適切な対応をする必要があります。

とはいえ、本業にかける時間で手一杯な状況では、帳簿付け、領収書整理はもちろん、年間所得の把握も難しいところでしょう。 そこで当センターでは、そのような方のお力になれるよう「確定申告代行サービス」をご提供しています。

確定申告代行サービス

面倒くさい領収書の整理や経理事務、経理担当者を雇う程ではないが自分でするのは難しく時間もない、といった方の代わりに、当センターが確定申告を代行するサービスです。

ご依頼される方が行う作業は次の3つです。

  • 毎月1回、経理に必要な領収書や請求書を集める
  • 必要事項をメモした預金通帳をコピーする
  • これらの資料をまとめて当センターへお送りいただく

※取引内容の把握のため、取引先名、取引内容を預金通帳に簡単にメモしていただきますようお願いしております
※事業に関係のない領収書は送らないようご注意ください
経費にできるかどうか微妙なものは、その都度ご相談ください

税務署からの問い合わせも、当センターが責任を持って対応いたします。もし自宅などに税務調査が来ても心配無用です。

さらに

  • 何が経費になるのか分からない
  • 交通費など領収書がない経費はどうすればよいか

といった税務に関する質問にもお答えいたします。
お気軽にご相談ください。

当センターでは下記3つのプランをご用意しております。

確定申告代行サービスを申し込まれた方への特典

専用キットをご用意しています

集めていただいた領収書や請求書を簡単なルールに従って、各ファイルに入れていただきます。1ヶ月経過後、それらをレターパック等に入れ郵便ポストへ投函、当センターへお送りいただくだけで試算表(損益計算書と貸借対照表)を作成いたします。

集められた領収書や請求書を

  • 売上関係(売上請求書控、売上領収書控等)
  • 仕入関係(仕入請求書、仕入領収書等)
  • 経費関係(経費請求書、経費領収書等)
  • 通帳コピー
  • クレジットカード支払明細 

に分別して各ファイルに入れてください。

希望される方にはレターパック(住所を記入済み)も、当センターにてご用意いたします。(実費を別途加算させていただきます)

貸借対照表・損益計算書を毎月お渡しいたします

1ヶ月単位で試算表(貸借対照表・損益計算書)を作成し、郵送いたします。

試算表には事業を行っていく上で必要な情報がたくさんあるため、事業を行う経営者の方にはぜひ目を通していただき、会社の数字を把握していただきたいからです。

特に損益計算書は、事業の良し悪しを示す会社の通信簿のようなものです。会社の経営において損益計算書を見ないということは、飛行機に例えるなら計器盤を見ないで操縦するようなものです。
見方が分からないという方には、当センターでご説明いたします。毎月の業績を確認して事業の改善にご活用ください。

サービスへのお問い合わせ・資料請求はこちら
PAGETOP

【運営】頼れる税理士の全国チェーンQ-TAX /株式会社アックスコンサルティング/一般社団法人 起業家を支援する全国会計事務所協会
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル3F
TEL:03-5420-2711(代表) FAX:03-5420-2800